img_02

家庭用脱毛機のランニングコストについて

家庭用脱毛機で主流なのは、カートリッジかせ発せられる光あるいはレーザーによって毛の成長を止める方式です。
これ方式は、予め剃っておいた脱毛部位に、強い光あるいはレーザーを照射した時に、色の濃い毛根が発熱します。
それで、毛の成長に関わる毛母細胞を働かなくさせて脱毛できるのです。

ここで、発光するカートリッジについて少し説明してみましょう。この部分は、所謂ランプと同じような構造をしています。

そして、発光できる回数に制限があって、一定回数発光しますと取り替えなければなりません。

つまり、家庭用脱毛器のランニングコストの1つとして、電気代以外にカートリッジの購入費用がある訳です。



このカートリッジは、脱毛機のメーカーによって独自の形式の製品が販売されています。

そして、価格も色々で脱毛機本体が安くてもカートリッジの価格を高く設定している場合もあります。

そんな訳ですから、脱毛機を購入する時には本体価格だけではなく、カートリッジの発光回数と価格も考慮しないと買った後で後悔することもあります。



それから、安価な製品の中には、カートリッジが交換できないものもあります。
こちらは、カートリッジの寿命と共に使い捨てられるのです。
もし、長期にわたって使い続けるのでなければ、このような安価な製品を選んでも良いでしょう。



しかし、全身脱毛など広範囲な脱毛を考えているのでしたら、カートリッジが交換できるタイプがおすすめです。
それから、脱毛機の本体価格及びカートリッジの寿命と価格を概算してみて、エステサロンの脱毛料金と比べてみるのも大切でしょう。