img_02

家庭用脱毛機と医療用の違い

最近では、男性でも女性でも美容の一環として脱毛が行われることが多くなりました。

以前まで脱毛では耐えられないような痛みがあるという問題点がありました。

しかし、現在では脱毛の方法が変わり、痛みがとても抑えられています。

さらに、医療機関ではクリーム状の麻酔をかけてもらうこともできます。
そのため、脱毛はよりポピュラーになりました。



脱毛には脱毛機を使うのが一般的ですが、家庭用のものと医療用のものとでは大きな違いがあります。
それは脱毛の効果です。



家庭用は安価で比較的誰でも手に入れやすいものとなっていますが、医療機関で使われているのもよりも威力が小さいです。
そのため、同じようにレーザー照射を行ったとしても、医療機関の脱毛に劣ってしまいます。

また、これと関係があるのですが、家庭用の脱毛機には永久脱毛効果があまりないです。

そのため、定期的に行わなければ脱毛の効果が失われてしまいます。一方医療機関用の脱毛機では、医師がいるということで通常の脱毛機よりさらに威力の高いものを使用することができるようになっています。



そのため、ほかのものよりも高い脱毛効果を期待することができます。

永久脱毛効果がある場合もあるので、一度完全に脱毛をすれば二度と毛が生えてこなくなることもあります。


このように、脱毛機といっても医療機関のものと家庭用のものでは大きな差があります。
確実な脱毛をしたいのであれば、医療機関に行くことをお勧めします。